シンカリオンを10話まで見たレビュー・評価・感想

どうも、たけし@アラサーのエンジニアです。

最近、巷で話題のシンカリオンを第10話までAmazonプライムで視聴しました。

ちなみにシンカリオンは、新幹線が変形するロボットのことです。小学生くらいの選ばれし子供たちがパイロットとしてシンカリオンに乗って正体不明の敵と戦って日本を守るという物語です。

このシンカリオンを知ったのは、実はプラモデルからでした。

グッドスマイルカンパニーと言う会社から発売されているクロスボウと言うプラモデルを購入した際に、2019年に同じMODEROIDと言うシリーズでシンカリオンのロボットがプラモデルとして発売されるということがきっかけで、シンカリオンをしりました。

このプラモデルも中々良さそうなのですが、そもそも新幹線が変形してロボットになるという結構ユニークな設定が気になり観てみることにしました。

アニメは鉄道各社が協力しているということもあって、新幹線や車庫、各駅の設定など非常に忠実に再現されています。

そして主人公が乗る新幹線がはやぶさという東京から北陸に向かう際に乗ることのできる新幹線ということで、少し渋いですね。

第10話までにシンカリオンは4体登場しました。はやぶさ、こまち、かがやき、つばさの4体です。いずれも個性がありカッコいいですね。子供たちが好きになるのも分かります。

どうもこの後も続々と新たなシンカリオンが搭乗するようです。最近ではドクターイエローもシンカリオンとして登場しているようですし、続きが気になるので、少しずつ見ていこうかと思います。

興味のある方、お子さんがハマっている方は一度見てみる価値はあると思います。

新幹線変形ロボ シンカリオン DXS01 シンカリオン E5はやぶさ

価格:3,776円
(2018/12/10 13:11時点)