メタリック塗装のゾイドHMMジェノザウラーレイヴン仕様(レビュー・評価・感想)

どうも、たけしです。

ちょっとアップが漏れていましたが、ジェノザウラーレイヴン仕様も完成してます。

ジャジャーン。こんな感じ。

今回工夫したポイントや苦労した点

最終的にはつや消しして、その上からアクリジョンの黒で少しエッジを強調するようにドライブラシしました。初めての大型ゾイドということもあり、なかなか苦戦しましたね。ガンダムとは違いました!そして内部フレームなどの多くにABS素材が使われていて、塗装プランの変更を余儀なくされたりと自分の経験不足も感じた1体でした。

爪やポリキャップはシルバーで、背中のキャノンはガンクロームという色味を使いました。ガンクロームはシルバーよりも若干落ち着いた色味なので、今後はガンダムのライフルとかにも使っていきたいなと思います。

今回一番大変だったのはポリキャップの塗装。一応普通のプラで出来ていたので塗装して問題はなさそうなのですが、とにかく数が多かったですね。爪とかキャノンとかよりも圧倒的に疲れました。これから作る方はポリキャップ塗装しないか、銀メッキとかのカスタマイズパーツを購入するのも一案だと思います。少し値は張りますが、労力とか時間短縮にはなると思います。

それから、ゾイドのゴールドやシルバーのコーティングされたパーツ、それらのゲートカット跡のリタッチには、ガイアノーツの4アーティストマーカーというマーカーでリタッチするとかなり馴染みます。もともとゾイドのゴールドやシルバーのパーツが落ち着いた色味なのでかなりいい感じに馴染みました。マーカーでリタッチして少しティッシュで拭いたりして使えました。今回ジェノザウラーでは塗装したので意識しませんでしたが、今後も使えそうです。

ちなみに4アーティストマーカーは黒も出ていて、黒いパーツの白化やゲート跡のリタッチにも使えそうです。

と言うわけで、あんまりジェノザウラーとは関係ない内容もありましたが、次のゾイドにこの経験を活かしたいと思います。

今回使ったツールなど

今回使ったものは↓のページに詳細を記載しているので参考にしてください。
>>ガンプラ塗装でおすすめの道具やエアブラシの紹介

他にもMR.メタリックカラーGXを使ったプラモデルをアップしていますので合わせて参考にしてみてください。
>>MR.メタリックカラーGXでメタリック塗装したガンプラやプラモデル

制作日記

老舗模型店でプレミア価格のゾイドHMMを発見

先日、某老舗模型店に立ち寄ると、ガンプラに囲まれた何やら大きな箱がありました。よく見てみると・・・

そう、ゾイドHMMのジェノザウラー!しかもレイヴン仕様!

ネットショップとかだと15000円~とかするプレミアものでした!どうもこの模型屋さんでは全品定価の一割引きということで10%オフで売られていました。いやはやあるところにはあるものですね。

速攻で購入しました。そして一ヵ月寝かしましたがようやく作り始めました。制作日記を書いていきたいと思います。そして今回も塗装しようと思います。
特に、背中のキャノンのウェルド(ぷらの波線みたいなもの)が酷く、これだけでも塗装したいなと思います。

組み立て&メタリック塗装

先日購入したゾイドHMMのジェノザウラー、さっそく制作開始です。

とりあえずウェルド(波のような線)が気になったので背中のキャノン部分から塗装してみました。

ガンクロームとシルバーで分けて塗装。
ガンクロームの方が落ち着いた色合い。とはいえ画像では差が分かりません(笑)

成形色と比べると少し明るいシルバーに。ウェルドは綺麗に消えました。

ゾイドシリーズは爪とか歯とかメッキされている場合もあるのですが、されていない場合は塗装した方がグンと印象よくなりますね。

そしてパーツが大きいので意外と缶スプレーとかの方が向いているかも。エアブラシだと綺麗には吹けますが時間がかかりますね。背中のキャノンも結構大きめのパーツでした。

関節キャップは塗装できるのだろうか。ちょっと調べてみよう。

最後に

最後までお読み頂きありがとうございます。ぜひあなたのホビーライフを充実させるために本サイトを活用ください。

メタリック塗装にも、キャンディ塗装やパール塗装などメタリック系の塗装の幅はとても広いです。詳しくは「メタリック塗装とは【おもちゃやガンプラ向けに意味やパターンを解説】」で解説していますのでぜひご覧ください。

また、当サイトではMR.メタリックカラーGXで塗装した色見本やガンプラ画像を公開していますので塗装前にぜひご覧ください。


メタリック塗装のゾイドHMMジェノザウラーレイヴン仕様(レビュー・評価・感想)” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。