ゾイドHMM「バーサークフューラーシュテュルムユニット装備」を作ってみた(レビュー・評価・感想)

どうも、たけしです。

かれこれ1週間以上かかったのではないでしょうか。バーサークフューラーがようやく完成しました。その名も、「バーサークフューラーシュテュルムユニット装備」そのままです。

これじっくり見てもらうと分けるのですが、本体はうっすらとシャドウを吹いてみました。やはり0.3mmのエアブラシがあると色々出来ますね。本体はその後、にじまないように優しくつや消しスプレーでトップコートしました。


背面のブースターは見事に展開します。とにかくシュテュルムユニットが重たかった印象です。ガンダムでいうフルコーン的な立ち位置でしょうか。

最初のイメージ通り、シュテュルムユニットをメタリックに、それ以外の本体部分は落ち着いた印象で、少し色合いの違いや光沢感の違いを楽しめるように作りました。

つや消しと光沢って混ざっても強弱がついて面白いなと以前から思っていたので、今回はそれを試してみました。

バーサークフューラーは本当にパーツが多かったのと、ディテールが細かく、モールドが多かったのが非常に印象的でした。そしてモールドにスミ入れする前後では全く別物のように印象がことなったのでびっくりしました。デカールも貼るかどうか悩みましたが、今回は本体のマットな質感とシュテュルムユニットの光沢感をポイントにしたかったのでデカールは止めておきました。あまり情報量が多くなってもどうかなと思ったので。

次はいくつかガンプラを制作予定ですが、実は次に作るゾイドも既に入手済みなのでお楽しみに。

ゾイドHMM「バーサークフューラーシュテュルムユニット装備」を作ってみた(レビュー・評価・感想)” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。