ドラゴンボールZ「超サイヤ人ゴッド超サイヤ人ゴジータ」を作ってみたレビュー・評価・感想

どうも、たけし@アラサーのエンジニアです。

今回は、ドラゴンボール超の劇場版に登場する「超サイヤ人ゴッド超サイヤ人ゴジータ」を購入したので紹介したいと思います。

最近、劇場版ブロリーにこのゴジータが登場することが判明し、劇場公開前ということで、若干のネタバレとなり話題になってました。しかし、ドラゴンボールをリアルタイムで見ていた世代としてはゴジータの登場は嬉しいものですね。

ということで、今回は、ゴジータを作成してみました。 

ちなみに、敵役であるブロリーや悟空(身勝手の極意)も作成したので合わせてごらんください。
>>超サイヤ人ブロリーフルパワーを作ってみたレビュー・評価・感想

>>孫悟空(身勝手の極意)を作ってみたレビュー・評価・感想

まずはパッケージ。
かめはめ波を放つ瞬間ですかね。超サイヤ人ゴッドということで髪の毛は青色ですね。

まずは正面。
青色の髪の毛は、メタリックブルーという感じで結構カッコいい感じです。
特徴的なクワトロバジーナ的なジャケットもきちんと再現されています。

腕が若干短く感じますが気のせいでしょうか。
 

続いて別売りのエフェクトパーツと一緒に撮影。
さすがにエフェクトが似合いますね。やっぱりスーパーサイヤ人に似合うように出来ていますね。
 お次はかめはめ波。
上手く、そして簡単に再現できます。このエフェクトパーツはいいですね。
 
次はビックバンアタック。
このゴジータには、悟空とベジータの両方のエフェクトパーツがついています。
ということは、劇場でもどちらの技も披露されるのでしょうか!?こちらはファイナルフラッシュ!
どのエフェクトで飾るのもカッコよく決まります。  先日作成したセルと並べて写真撮影。
大きさ的には同じくらいですかね。ちなみに黒髪パーツもついています。
>>ドラゴンボールZ「セル(完全体)」を作ってみたレビュー・評価・感想

それから、上着を脱がすことも可能です。
筋骨隆々の上半身を惜しげもなくさらしてみました。 最後は、背面。
広背筋もすごいですね。まるで範馬勇次郎のような背中ですね。

ということで、今回は超サイヤ人ゴッド超サイヤ人ゴジータの紹介でした。
全て素組みで、かなり綺麗に色分けされています。そして超簡単に作成できました。大きさの割に、HGのガンプラよりも簡単に作れる気がします。

やはり子供むけと言うことでパーツの数や組み方も工夫されているのでしょう。

良く出来たプラモデルだと思います。

ちなみに、敵役であるブロリーも作成したので合わせてごらんください。
>>超サイヤ人ブロリーフルパワーを作ってみたレビュー・評価・感想

>>ゴジータをお求めの方はこちらからどうぞ

ドラゴンボールZ「超サイヤ人ゴッド超サイヤ人ゴジータ」を作ってみたレビュー・評価・感想” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。