アクリジョンのエアブラシ塗装で塗料が詰まる原因と対処方法

どうも、たけしです。

今回は、アクリジョンをエアブラシで塗装しているときに塗料が詰まる原因と対処方法を紹介します。

アクリジョンとは

水性塗料でありながら、乾燥の速さや塗膜の強さを実現した新生代の水性塗料として注目を集めている製品です。GSIクレオスさんから発売しています。

現在登場しているカラーは100色くらいあって、大抵の色は全て揃っていると思います。詳しくは、↓に記載しています。
>>クレオスの水性塗料アクリジョンをオススメする3つの理由

今回の検証

アクリジョンのブラックで、デザートスプーンを30~40本くらい塗装して詰まるかどうか、試してみました。
今回使ったエアブラシはこの2本。
右:タミヤライトシリーズ 口径0.5mm
左:タミヤHGシリーズ 口径0.3mm
いつもアクリジョンを吹いている右の0.5mmで先に吹きました。

結果

予定の本数は塗装が完了しました。
しかし、いつも使っている0.5mmのエアブラシの方は、5本目で詰まりました。。
と言うわけで残りは0.3mmで吹き終えました。
0.3mmで吹いてるときジージー音がしましたが吹けました。

詰まる原因の分析

吹き終えた後、エアブラシを掃除してみました。
すると両方のエアブラシのノズル部分から黒い塗料のカスみたいなものが大量に見つかりました。どうやらこれらが直接的な原因かなと思います。
0.5mmの方はアクリジョンを既に何回も吹いていたので、この塗料カスが溜まっていたのではないか、と思います。これを取り除けば良いということですね。

塗料カスの掃除方法

まずはこのエアブラシのキャップを外します。

ニードルを抜いて、更に先端のノズル部分を取り外します。

そしてツールクリーナーで濡らしたブラシでゴシゴシ。小さいですがノズルにも塗料カスが付着しているのでそちらも掃除しましょう。ということで掃除は簡単です。

吹いているときに詰まりそうになった場合の対処方法

エアブラシで吹いている最中にジージーと音が鳴って詰まりそうになっているとき、私はエアブラシを指でふさいで、うがいさせました。スプーン塗装の間に3~4回はやったと思います。結構頻繁でしたね。

まとめ

・アクリジョンのエアブラシ塗装の詰まる原因は、ノズル付近に溜まった塗料カスが原因だと思われます。(私見なので他の知り合いにも今度聞いてみます。)
・対処方法は、軽く分解してツールクリーナーをつけたブラシで掃除する。
・吹いている最中に詰まりそうになったときは、うがいをしてみる。

今回使ったエアブラシ

・アクアクリジョンは少し粘度が高いと感じたので、タミヤの口径が0.5mmのエアブラシを使っています。
・一方MR.カラーのシルバーやゴールドは0.3mmのエアブラシで吹きました。

アクリジョン塗装で失敗しない方法

アクリジョン塗装で失敗しないための注意点を↓にまとめていますので、合わせて参考にしてください。
>>クレオスのアクリジョンでエアブラシ塗装で失敗しないための3つの注意点

アクリジョンが買える場所

アクリジョンは模型やさんで販売されています。
他には家電量販店(ジョーシンはありました)で販売されています。
それから、ネット通販で購入することが出来ます。

>>アクリジョンをお求めの方はこちらからどうぞ

最後に

最後までお読みいただきありがとうございます。
これからアクリジョン関連のページを増やしていく予定ですのでぜひまた見に来てください。
>>クレオスのアクリジョンベースカラーを全色試してみた(レビュー)
>>クレオスのアクリジョンメタリックカラーでエアブラシ塗装してみた

その他、いろんな色を試しています。
>>クレオスのスーパーメタリック2でエアブラシ塗装してみた

現在使っているエアブラシの道具は↓に記載していますので良ければ参考にしてください。
>>初心者にもオススメのガンプラ塗装の道具やエアブラシ