初心者にもオススメのガンプラ塗装の道具やエアブラシ

どうも、たけしです。
ここでは、ガンプラ塗装でオススメの道具やエアブラシ、塗装ブースなどを紹介したいと思います。実際にこれらを使って塗装したものは↓からご覧ください。
>>MR.メタリックカラーGXでメタリック塗装したガンプラやプラモデル

簡単に自己紹介

ペンネームは本郷たけしです。
私は子供の頃作っていたプラモデルを大人になって再開したガンプラ復帰組みの一人です。好きなのはガンダム、ゾイド、ドラゴンボールやダンボール戦機など割とキャラクターものが好きです。
そんな私が最近ハマっているのが、エアブラシによるプラモデルの塗装です。特にメタリック塗装にハマっています。

エアブラシ(ハンドピース)

一般的にエアブラシというと↓のようなものをイメージすると思います。
私がメインで使っているのは2本です。

・右が最近購入したもので、塗料が出る穴が0.3mmと標準的なものです。タミヤのHGシリーズでNo37と記憶しています。定価13000円くらいの高級ライン。奮発しました。

・左がMRホビーから発売されているプロスプレーというもので塗料を下から 吸い上げてくれます。主にメタリック塗装に使っています。定価3000~4000円くらいなのですが、これが値段の割に結構キレイに吹けます。

このプロスプレーによるメタリック塗装のコツなど、↓にまとめましたので、よければ合わせてお読みください。
>>MR.HOBBYのプロスプレーでメタリック塗装するときのコツや方法

コンプレッサー

エアブラシに空気(エアー)を送り出す機械をコンプレッサーと言います。
私が使っているのは、タミヤのレボ2という機種で空気圧の調整などせずとも絶妙な圧を噴き出してくれます。数年使っていますが壊れませんね。さすがタミヤさん。こちらもコンプレッサーの中では値段も手ごろな部類に入ります。コンプレッサーって結構高いんですよね。確か楽天ポイントマラソンのときに購入したのを今でも覚えています(笑)

メタリック塗装に使っている塗料

今のところ、基本的にはGSIクレオスというメーカーから出ている、MRカラーと言うシリーズのものを使っています。

中でも↓のようにMRカラーGXというメタリックカラーをたくさん試しているところです。塗料って切れないか心配になってついつい購入しちゃうんですよね。私だけかな。
>>ガンプラやプラモデルの塗装で失敗しない塗料の希釈方法
>>MR.メタリックカラーGXを使った作品例

 最近では、↓のガイアノーツと言う塗料も試してみようと購入してみました。というか先にマルチプライマーという下地処理用のものを使いたかったのでついでに購入してみたという感じです。

それから最近試してました。タミヤのラッカー塗料も1つだけ。メタリックオレンジ。オレンジのメタリックってなかなかないんですよね。今後も重宝するかも。

缶スプレーはこんな感じ。開けずにおいてあるものがいくつか(笑)
今度、塗料を紙コップに出してエアブラシで吹くというのをやってみたいと思います。

こちらは薄め液やツール掃除用のクリーナーになります。最近、ニトリで購入したステンレスボトルにスポイトを入れてます。ちょっとおしゃれになりました。

>>Mr.カラーをお求めの方はこちらからどうぞ

スミ入れに使っている塗料

これもMRホビーですかね。
ウェザリング用のエナメル塗料でスミ入れをやっています。結構色んなカラーがあるのでその時々に合わせて色を変えています。エナメル塗料やその溶剤だとラッカー系の塗料を侵食しないはず・・・なのでエナメル塗料を使っています。たぶん。
>>ガンプラ初心者におすすめのスミ入れ道具と3つの理由

塗装ブース

家の中で初めて缶スプレーを吹いたとき、衝撃を受けました。塗料の噴射量とあまりの臭いに。エアブラシだともっと臭いもましなのですが。
どちらにせよ噴射した塗料や臭いを外に送り出す必要があります。また他のものに塗料がかからないようにするためにも塗装ブースと呼ばれるブースが必要です。

私は、タミヤのスプレーワーク(ツインファン)を使っています。結構場所をとりますが一度購入すれば長年使えるので便利です。シングルファンとツインファンとあり、シングルファンを購入して後から増設もできるそうです。私は最初から臭い対策もありツインにしました。↓かなり汚れてますがまだまだ現役です。
>>ガンプラの塗装ブースを自作しなかった理由とおすすめの製品

その他の便利ツール

私が塗装のときに使っているのが、ティッシュ、使い捨て手袋、そしてミニ袋です。

・ティッシュは塗料がちょっと垂れたり、最後、ツールクリーナーを吸わせるのに使います。
・手袋は塗装するときに左手に装着し、手に塗料が付着しないようにしています。最後の方は右手につけて、エアブラシのうがいやツールクリーナー付きのティッシュを片付けるのに使っています。
・ミニ袋は最後にゴミをまとめるのに使います。ちなみに、ツールクリーナーとか塗料のついたティッシュを放置するとかなり臭いです。ミニ袋は家の外のゴミ箱に捨てることをオススメします。

これはマスク。ちょっとだけいい使い捨てマスクですね。ホントはもっと強力なもの買いたいのですが、お金が。。

こちらは塗装のときに装着しているタミヤのエプロンです。長谷川迷人もつけていてカッコいいなと思い購入しました。何かのスイッチが入りますね。

撮影ブース

完成したら撮影ボックスで撮影しています。
60cm x 60cmなので、かなりデカいです。マジで。でも結構明るくて割と綺麗に取れるのでオススメです。それまで部屋の中でそのまま撮っていたのですが、だいぶ違います。

ちなみに↓が最近撮影したものです。かなり低スペックなスマホを使っていますが、綺麗に撮れました。iphoneだともっときれいに撮れるかも。

最後に

最後までお読みいただきありがとうございます。
こちらのブログはほぼ毎日更新しています。特にガンプラやゾイドなどのキャラクターものを中心に塗装したり組み立てたり、悪戦苦闘していますが、そこで培ったノウハウを惜しみなくシェアしたいと思いますのでよろしくお願いします!

初心者にもオススメのガンプラ塗装の道具やエアブラシ” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。