コトブキヤのファルケを作って部分塗装してみたレビュー・評価・感想

どうも、たけしです。

今回はフルメタルパニックに登場する機体、ファルケを作ったので紹介します。パイロットはベルファンガン・クルーゾーさんです。確か、セカンドから登場したと記憶しています。

ちなみにこちらのプラモデルはコトブキヤから昔発売されているもので、先日奈良の模型屋さんに行ったときに購入しました。
>>奈良県の老舗模型店で懐かしのレアプラモ&ガンプラとツールを買ってきました!

まずはパッケージ。
最近店頭で見かけることはなかなかないのではないでしょうか。黒いファルケが勇ましいですね。
 正面。
ファルケのフォルムが美しく再現されています。ランナーは全て黒だったので、胴の部分だけ、ガイアノーツのシルバーのマーカーで塗装しました。

>>ガイアノーツのマーカーをお求めの方はこちら

側面。
曲刀というのでしょうか、刃が曲がっています。これもファルケの特徴ですね。


背面。

アップ。
少し暗くて分かりづらいですがモノアイもあります。


これくらいならポージングも可能です。


足のパーツと腰のパーツが干渉するのであまり大きなポーズは決められませんでした。

最近バンダイから発売された1/60アーバレストM9と並べるとこんな感じ。少し小さいですね。さすがにD-スタイルのアーバレストよりは大きそうですね(笑)

と言うわけで今回は、ファルケの紹介でした。なかなかに貴重なアイテムを購入させて頂きました。ありがたい。バンダイからファルケが5月に発売予定なので、購入したいと思います。

>>ファルケをお求めの方はこちら

コトブキヤのファルケを作って部分塗装してみたレビュー・評価・感想” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。